石仏・道祖神に会いに・・ 城光院の石造十王像  

 
場 所 長野県佐久市望月1432
 訪問日  2013年10月1日
 コメント  
 城光院は、望月の中山道望月宿の北西にある。
寺は、文明7年(1475)に望月城主の望月遠江守光恒開基、南浦清宗禅師が開山したといわれる古刹です。

境内には延宝年間の石造庚申塔や、江戸時代の石造十王像があります。

 ← 城光院の境内

 ← 案内標識の右に、十王像が見える。


  十王とは、仏教や道教などにおいて死
  者の魂を裁く十人の裁判官のことです。

  中国道教の思想から成立した神で、仏
  教と習合して平安時代日本に伝来し、
  日本において奪衣婆が追加された。


 
  十王像は、中世、近世を通じて各地で
 造立されているが、多くは散逸し完全な
 姿で残されているものは少ないという。


  城光院には11体全部と、人頭杙(檀荼
  幢=角柱上に人頭を掲げた形をしてい
  る閻魔庁の標識)、浄玻璃鏡(地獄の
  閻魔王庁で亡者の生前における善悪の
  所業を映し出すという鏡)と共に完全な
  姿で残されている。
 ← 人頭杙と奪衣婆だろうか
 






















  ↓ 城光院の石造庚申塔

 Home  石仏Top  次へ