石仏・道祖神に会いに・・ 万治(まんじ)の石仏  

 
場 所 長野県佐久市協和
 訪問日  2013年10月1日
 コメント  
 万治2年(1659)に建立され、現在は県道脇の古墳上に鎮座している。

あの有名な諏訪大社春宮の万治の石仏は、阿弥陀如来ですが、こちらは大日如来です。


 ← 県道のカーブの辺りに、万治の石仏
   が安置されている。
   (矢印の所)
 ← 大きな樹の根元に、ちょこんと鎮座
   しています。



 高さ 60cmほどの小さな仏さまです。
 
 ← 手を合わせ、印を結んでいる姿は
   素朴な佇まいです。

   左手の人差し指を立てて、右手の
   拳で握り込んでいます。
   この形は、智拳印と言って、「最高
   の智」を示すものだという。
 ← 如来の持つ荘厳温和さはなく、修験
   道的雰囲気を持った石仏です。

 Home  石仏Top  次へ