石仏・道祖神に会いに・・ 廣田寺(こうでんじ)  

 
場 所 長野県松本市会田566
 訪問日  2013年9月13日
 コメント  
 中世に四賀を支配していた会田氏の寺です。永正8年に廣澤寺四世和尚によって、中興開山されました。

山門前には、江戸末期から明治初期に、近郷から奉納された百体観音が並んでいる。


 


 ↑ 廣田寺の参道入口



← 参道の両側に、整然と並ぶ石仏群
  ← ↓ 総門から山門までの参道。
     
     江戸末期から明治期にかけて、亡
     くなった幼児を供養するするために
     建立された百体余の石仏が並んで
     いる。
 
 
  お気に入りの聖観音、如意輪観音、千手
 
  観音などです。

 
 ← 山門からの眺め

 Home  石仏Top  次へ