石仏・道祖神に会いに・・ 開田高原の石仏①  

 
場 所 長野県木曽郡木曽町開田高原
 訪問日  2013年9月4日
 コメント  
 開田高原は、雄大な御嶽山の麓に開けた標高1100~1300mの高原で、雄大な自然と懐かしい農村風景が広がっています。
 日和田高原から、長峰峠を経由してやって来ました。
どちらも御嶽山の麓にあり、石仏の宝庫です。

 開田高原の石仏を、2回に分けてご紹介します。

 1回目は、次の2ヶ所です。

 ・西野関谷・覚明石像
 ・下之原・覚明石像

 

 ← 西野関谷 白川神社


   開田高原の入り口。国道361号線沿
   いにある。


   
 ← 中央奥に、細長い棒状の石塔


   「廿三夜」と深く陰刻されている。

   そのそばには、覚明像が安置され
   ている。
 

 




← ↑ 「廿三夜塔」下部の女神像。









← ↑ 覚明像
 


← ↑ こちらも覚明像です。


 ← 下之原・覚明石像


   ここは、御嶽大権現と覚明神を祭る

   霊場です。



 
 ← 木曽町の説明板


   ← ↓ 霊場内の石仏たち




 
 (左) 烏帽子を付けた神官姿の石仏






 
 (右) 覚明像


 
 Home  石仏Top  次へ