石仏・道祖神に会いに・・ 深叢寺(しんそうじ)  

 
場 所 長野県諏訪郡原村中新田13512  
 訪問日  2013年10月2日
 コメント  
 原村は、八ヶ岳と諏訪湖の間に広がる高原(標高900~1300m)に位置する村で、茅野市の隣にあります。

深叢寺にある、守屋貞治作の十三仏を訪ねました。



 

    ↑ 深叢寺 鐘楼




← 深叢寺の入り口(十三仏が見える)


 ← 教育委員会の説明板








  十三仏像は、台石の三面に不動明王・

 釈迦如来・文殊菩薩・普賢菩薩・弥勒菩薩

 ・薬師如来・観世音菩薩・勢至菩薩・阿弥

 陀如来・阿閃如来・大日如来・虚空蔵菩薩

 の十二体を刻み、台上に地蔵菩薩をのせ

 て十三仏としています。










  






 ← 十三仏、上部の「延命地蔵」














  ↑ 十三仏のそばの六地蔵







↓ 十三仏、台石の三面です。

 
   



← ↑ 境内、鐘楼そばの石仏

 

← 上写真、石仏の台石部分
 Home  石仏Top