石仏に会いに・・ 耳だれ不動尊  

   
場 所 滋賀県大津市大石富川町
 訪問日  2013年4月20日
 コメント  
 耳だれ不動尊は、大津市大石から信楽に通じる道の信楽川沿いにあります。
富川磨崖仏とも言われ、鎌倉時代の作です。

下の地図には、
①耳だれ不動尊の入口(左写真)
②耳だれ不動尊

の2地点をマークしています、

 
 

 ↑ 国道422号を走ると、道端に案内看
   板があるので、ここを川の方へ降りて
   いきます。


 

 ↑ すぐに橋があり渡ると、「勢多川漁協
    組合」の建物があり、駐車場もある。

 
   ← 駐車場から5分ほど歩けば、耳だれ
   不動尊がある。
     阿弥陀如来像の耳から鉱水が流れ、
 淡紅色となっていることから「耳だれ不
 動」とも呼ばれ、耳の病気に効くといわ
 れ親しまれています。
 



 (左) 中央の阿弥陀如来座像の向かっ
    て左の、「観音菩薩立像」




(中) 向かって右の、「勢至菩薩立像」
 


 ← 近くの小石仏
 Home  石仏Top  次へ