石仏に会いに・・ 鵜川四十八体石仏群  

   
場 所 滋賀県高島市鵜川
 訪問日  2013年4月17日
 コメント  
 琵琶湖の西岸、白鬚神社北側の山中にある石仏群で、旧西近江路に位置する。

高さ1.6mほどの石仏が、現在は33体並んでいる。ほかの13体は、大津市坂本の慈眼堂に移されている。あとの2体は、不明のまま。


 
 
 ↑ 国道を左折すると、高さ2m弱のゲートがある。通れないのでそのまま国道までバックしたが、国道は交通量が多くて難儀した。
 仕方なく徒歩で行ったが、高さ制限をしなければならない物は何もない。

 ゲート設置の理由が、分からない。
このゲートは危険。すぐ撤去すべきだと思う。

 
← 鵜川四十八体石仏群
 

 
 この仏像群は、室町時代後期に観音寺城(現安土町)城主の佐々木六角義賢が、亡き母の菩提を弔うため、観音寺から見てちようど対岸にあたる鵜川に建立したもの。



 
 
 
   ← 帰り道。

   桜が満開!
 Home  石仏Top  次へ