石仏に会いに・・ 慈眼堂(じげんどう)  

   
場 所 滋賀県大津市坂本4−6−1
 訪問日  2013年4月17日
 コメント  
 織田信長による比叡山焼討ちの後、延暦寺を復興した慈眼大師の廟。

境内には天海によって、高島市からここに移された、鵜川四十八体石仏のうちの13体の阿弥陀如来座像のほか、 歴代天台座主の墓、桓武天皇の御骨塔などがある。

 
 

 ↑ 左側の一段高くなった所に、阿弥陀

   石仏が祀られています。




 

  ↑ 慈眼堂の墓所 
    歴代天皇や、紫式部などの供養塔が
    ある。




← 墓所の一角にあった、地蔵石仏。




 


← 墓所の後ろの石段の上に、鵜川四十
   八体石仏群のうち、移設された十三
   体の石仏が置かれています








 
   ←↑ 十三体の石仏の一部です。






 
← 一段高くなっていいる所に、石仏があり
   ます。

 

   


 ↑ 慈眼堂前の石灯籠


← 慈眼堂の裏手で、「一面に散っている
   椿の花」。




 Home  石仏Top  次へ