石仏・道祖神に会いに・・ 久米薬師堂  

 
場 所 岡山県総社市久米
 訪問日  2013年4月2日
 コメント  
 吉備固有の石仏で、「文英(様)石仏」と言うものがある。

室町時代後期の50年間だけ造られたという、独特の石仏を訪ねて総社市へ行きました。


 ← 御崎神社の石段を登らず、前の道を
   西に数十メートルほど行った右手(北
   側)にブロック造の粗末なお堂がある。

   

   お堂の前に、文英石仏二体と六地蔵
   が並んでいる。
  文英石仏は、独特の半肉彫りの顔と、
  素朴な線彫りの体部で構成されている


  石仏の銘から、天文2年(1533年)から
  天正10年(1582年)までの50年間に制
  作されたことが分かっている。

 


← ↑ 向かって左側の石仏

     室町時代後期の作

     「妙口禅尼」の銘がある。



 
 




← ↑ 向かって右側の石仏

     室町時代後期(1566年)
 Home  石仏Top  次へ