石仏に会いに・・ 喜光寺  

   
場 所 奈良市菅原町508
 訪問日  2013年5月14日
 コメント
 喜光寺のすぐ前を高架の阪奈道路が通っているため、やや風情に欠けるが、元々は「平城京右京三条三坊」と平城京の一部でした。
蓮の花で有名なお寺ですが、境内の一角には、江戸時代の石仏を集めた石仏群があります。


 
 

 ↑ 2010年5月に、450年ぶりに再建された
   南大門。





   ← 境内に散在していた石仏を一ヶ所に
   集めたもので、不動明王や、観音菩
   薩、地蔵菩薩、阿弥陀如来など47体
   もある。(江戸時代の作)



 
 





 ← 釈迦初転法輪像





    初転法輪とは、釈迦が初めて仏教の
   教義を人々に説いたことを言い、この 
   石像はその姿を造形化したもの。











 
    石仏群の一部

        ↓
 
 


 いろいろな味わい深い、石仏たち。 
 





   



←↑ 本堂裏手の庭にある石仏
 
 
 ↑ 左の「弁天堂」に祀られている弁天様

 Home  石仏Top  次へ