石仏に会いに・・ 王龍寺  

   
場 所 奈良市二名町
 訪問日  2013年5月10日
 コメント
 奈良市の西部に位置する丘陵地にある王龍寺。

本尊の十一面観音は、本堂内陣壁面の磨崖仏で、1336年の年号が刻まれている。


 
 

 ↑ 王龍寺の山門




   

← 山門をくぐると、長い参道が続く。

   石段を上がると、本堂がある。


 
   
← 王龍寺本堂。

  鍵が掛かっていたので、お寺にお願い
  すると快く解錠していただけた。



 ↑ 本堂内の祭壇。
   この奥に、磨崖仏がある。


     ← トップ写真の拡大。


  小さな窓と、蝋燭の光だけで堂内は薄
  暗い。

  手ぶれ写真のオンパレードで、気に入
  ったものが撮れなかった。

  三脚が必須だ。


  薄暗い堂内で、蝋燭の灯に浮かび上
  がる石仏は、幽玄の世界の風情がある
 Home  石仏Top  次へ