石仏に会いに・・ 南田原磨崖仏(切りつけ地蔵)  

   
場 所 奈良市南田原町
 訪問日  2013年5月10日
 コメント
 奈良高畑から名張へと通じる県道を行き、田原の分岐を福住方面へと折れてしばらく進む。

道路脇の大きな岩が露出した場所に、地元の人が「切りつけ地蔵」と呼ぶ、磨崖仏がある。

 
 

 ↑ 道路そばの、柵に囲まれた中にあり
   ます。







   
← 磨崖仏前の「説明板」
 
   



← ↑  「花崗岩壁面中央に、刻まれてい
      る阿弥陀如来。

     丸彫りに近い立体感のある石仏で      す。(1331年)




   



← ↑ 阿弥陀如来のむかって、右の弥勒
    菩薩。

 

← 左下にある「六地蔵」
   風化しているので、表情は分からない。




 Home  石仏Top  次へ