石仏に会いに・・ 永仁阿弥陀磨崖仏  

   
場 所 奈良県宇陀市室生下笠間
 訪問日  2013年5月1日
 コメント  
笠間街道の山添村と境を接した宇陀市側に、苔むした磨崖仏があります。

大きな花崗岩に線刻された阿弥陀様で、鎌倉時代の永仁2年
(1294)の造立です。


    
  ↑ 笠間街道(県道782号)の山添村との
   境付近。
   ここに駐車して、見学しました。




   

 ↑ 磨崖仏は川の対岸にあり、このよう
   な立派な専用の橋が架けられている。
     二重光背を彫りくぼめ、蓮華座上に立
 ち来迎印を結ぶ阿弥陀像を半肉彫りし
 ています


  頭部より放射線が何本も線彫りされ、頭  光を表しています。

  像高は163cm


 Home  石仏Top  次へ