石仏に会いに・・ 壷阪寺  

   
場 所 奈良県高市郡高取町壷坂3
 訪問日  2013年5月4日
 コメント
  壷坂霊験記や「眼病封じ」で有名な壷坂寺です。

境内は、インド風の巨大な石仏のオンパレード。
圧倒的な迫力ですが、石仏そのものは、新しすぎて今ひとつの感じです。
年月を経れば、また味が出てくるのではと思います。


 
 


 ↑入り口の「入山受付」






   ← 境内の石仏

   新しそうな石仏です。



 
   ← 境内の順路。

   山吹と地蔵さん

   ← エキゾチックな雰囲気の千手観音


   


← 天竺渡来 釈迦如来大涅槃石像

  インド国際交流の感謝の品として、贈ら   れた。
 
   ← 石仏の洪水!


  ← 巨大な仏伝画レリーフ


  お釈迦様が誕生してから涅槃に入られ
  るまでの一生を浮き彫りしたもの。
  全部で10面あります。



← 第1面

  釈尊の前生の物語と、仏伝の冒頭の「
  トゥシタ天上の菩薩」「白象降下」を描い
 ている。
   ← 第2面


   「托胎霊夢」、「誕生・七歩」、「アシタ
   仙人の占相」の三場面よりなる。
   ← 第3面


   「誕生祝」、「四門出遊」、「出家の決
   意」が、描かれている。

   ← 第4面


   「出家」と「沙門歴訪」の2場面よりなる。

  
   ← 第5面


  「苦行」と「乳糜供養」の2場面が描かれ
  ている。

  図では乳糜(にゅうみ)を受け取る太子
  を、5人の従者が軽蔑のまなざしで見て
  いる。
    ← 第6面


  「降魔成道(こうまじょうどう)」の図は、
  釈尊の事蹟のうち最も重要な意味を持
  つものである。

  図では、菩提樹下で結跏趺座し、右手
  で大地を指す「触地印」、すなわち「降
  魔印」を結んで不動の心を示す釈尊の
  姿を中心に、左右から襲いかかる魔軍、
  官能的ポーズでせまる3人の女性像が
  描かれている。

  
  ← 第7面


   「五比丘との再会、「初転法輪」、「ペ
   ンビサーラ王の教化」の3場面を描い
   ている。


   ← 第8面


   「デーヴァダッタの謀議、「十指毒手」
   「膵象調伏」、「衹園布施」、「猿の奉
   密」が図示されている。



   ← 第9面


  ここには、左上から「シュラーヴァスティ
  ーでの神変」、「仏陀の医術」、「帰郷
  説法」、「三道宝階降下」、「水争いの調   停」、「チュンダラの供養」が図示されて
  いる。

   ← 第10面


   第9面の「チュンダラの供養」は、最も
   重要な場面である、「涅槃」へと至る。
   ← これも境内の石仏

   ちょっとインド風。
   


← ↑ 境内いたるところ、石仏が一杯
 
   


← ↑ こんな可愛い石仏も!
 ↑ トップ写真を上から眺めたもの
 
   観光バスのお客さんがゾロゾロ。











    ↓ 納骨永大供養・天竺渡来の大石堂



← 上の大石堂の内部

   延12万人の職人によって彫刻・組み
   立てられた壮大なお堂。



 ↓ 堂内には、異国情緒の仏さま

 
 Home  石仏Top  次へ