石仏に会いに・・ 当尾(とおの)石仏巡り ②  

 
 
場 所 京都府木津川市加茂町
 訪問日  2013年5月16日
 コメント
 当尾の石仏巡り②です。

⑧「大門石仏群」以降の紹介です。
なお、⑬以降は、車でまわりました。

 
   ← 大門石仏群



 大門の阿弥陀寺跡や鎮守社近くの現石像群近くにあったせきぶつ、石塔などを集めて安置し直したもの。

 
 


 ← 奥の方へ回り込んで撮りました。







 ↓ 大門石仏群の石仏たち

     
   ← 穴薬師の祠




 ↑ 祠の中の仏さま
     

← ⑩首切地蔵は、消防屯所の裏手に祀
   られています。


 
 ← 左端が首切地蔵です。


   当尾の在銘石仏では、最古のもの。
   名前の由来は、首が深く切れ込んで
   いるからとも、或いは処刑場にあった
   からともいわれています。
 (左) 首切地蔵



← ↓ 阿弥陀石仏



 ← ⑪藪の中三尊



向かって左端に一体だけ、浄瑠璃寺の方を向いておられるのが、「阿弥陀如来座像」。
 こちらを向いた二体は、「地蔵菩薩」と「十一面観世音菩薩」です。
いずれもかなり厚肉彫りで、1262年(弘長2年)、鎌倉時代の中頃の作です。

 ↑ 阿弥陀如来座像

 ↑ 地蔵菩薩立像

 ↑ 十一面観世音菩薩立像
   ← ⑫ カラスの壷二尊


  ひとつの巨石に、阿弥陀様とお地蔵様
  が、彫る面を違えて彫られています。


← 阿弥陀如来座像が見えます。

   
   ← この角度から見ると、両方一度に見
   られます。


   お地蔵様は、影に隠れています。
 
← 阿弥陀如来座像
  
  康永2年(1343)作。




 ↑ 地蔵菩薩立像 康永2年(1343)作。



 ⑫カラスの壷から、浄瑠璃寺手前にある「水飲み地蔵」を目指した。
山道を南の方へ(ルート図参照)行ってみたが、草が生い茂り、とても行けなかった。
仕方なく、車道へ出て、駐車している浄瑠璃寺そばの空き地へ行った。

車に乗って、浄瑠璃寺から残りを巡回する。
   ← ⑬六体地蔵

   竹藪の中に祀られています

   「一龕(いちがん)六体地蔵石仏」で、
 1つの石龕(せきがん、石の厨子)に
 六体揃って彫られているのは珍しい物
 だそうです。
   ミロクの辻道路脇に駐車して、弥勒の辻、一願不動、わらい仏をまわる。





 ← ⑭ミロクの辻弥勒線彫磨崖仏


  ← 線刻された弥勒磨崖仏 

   文永11年(1274)



   ← ⑮不動明王立像(一願不動)



 ちょっと怒っている様な厳めしい「不動明王立像」。

竹と杉木立が生い茂る薄暗い藪の中の巨岩に彫られている。
高さ約1.2mで、頭上に開花蓮を載せ、右手には棍棒を持ち、怒っている様な顔だけど何処となくユニークな面持ちです。

 


← 木漏れ日が当たって、ちょっと見にくい




  このお不動さんは、1つだけ、一心にお願いすれば、その願いを叶えて下さるので、「一願不動」とも呼ばれ、何時行ってもお花や供物が絶えないとのことです。
   ← ⑯わらい仏



この道のハイライト、当尾の里でも一押しのの石仏、「笑い仏」。
大きな岩を頭上に乗せた様な格好で、押し潰されそうに見えます。

 それでも700年間、一時も微笑みを絶やさず、穏やかな顔の「阿弥陀如来三尊坐像」です。「微笑みの仏」とも呼ばれ、窪みを付けた岩の中に厚肉彫りされ、何とも言えず親しみを感じてしまうほど可愛らしい仏様です。
   ←  やわらかい微笑みで、あたたかく
    迎えてくれる阿弥陀如来様。

 


 ↑ 勢至菩薩(せいしぼさつ)坐像

   ↑ 中尊 阿弥陀如来座像

   ↑ 観音(かんのん)菩薩坐像
 Home  石仏Top