石仏に会いに・・ 笠置寺(かさぎでら)の磨崖仏  

   
場 所 京都府相楽郡笠置町笠置山29
 訪問日  2013年5月16日
 コメント  
京都と奈良の境目にある笠置寺には、巨大な磨崖仏が二体ある。

姿が見える弥勒菩薩像と、姿が見えない本尊の弥勒如来像だ。


    
 
 右の地図のマーカーは、笠置寺駐車場で
 す。

 駐車場から笠置寺山門(上写真)までは、  5分ほどで行けます。

   ← 本尊弥勒磨崖仏の説明板

 
  ←  本堂、正月堂前に立つ本尊、弥勒大
   磨崖仏です。

   奈良時代後期の作ですが、戦火のた
   め、高さ16mの光背以外は、ほとんど
   形が見えない




  ↑ 境内の巡拝道
 




←  トップ写真の姿が見える「弥勒菩薩像」
   (虚空蔵磨崖仏)の全体写真。









  
    
← 虚空蔵磨崖仏の説明板













   笠置山のゆるぎ石のあるところから上
   流(伊賀上野側)を望む。

           ↓
 
 Home  石仏Top  次へ