石仏に会いに・・ 宮迫東磨崖仏  

   
場 所 大分県豊後大野市緒方町久土知
 訪問日  2012年4月15日
 コメント  

有名な原尻の滝の近くにある。
平安時代後期の磨崖仏で、大日如来を中心に、左に不動明王、右に天部(或いは持国天か)が並ぶ。
さらにその左右に阿形・吽形の仁王像が彫られている。
ここから200mのところには、同じく国の史跡に指定されている「宮迫西石仏」がある。



 
  ↑ 駐車場からコンクリートの道を、200
    mほど上がると、右手の祠に磨崖仏
    がある。





    教育委員会の説明看板。


 
   高さ265cmの大日如来を中心に、向か
 って右側に高さ243cmの不動明王、左
 側には高さ240cmの持国天がおられま
 す。

 更に、左端には仁王像が彫られています。


 

 ↑ 左端の仁王像。




    ↑ 持国天立像

   ↑ 不動明王立像
 Home  石仏Top  次へ