石仏に会いに・・ 菅尾石仏  

   
場 所 大分県豊後大野市三重町浅瀬
 訪問日  2012年4月15日
 コメント
菅尾石仏は、阿弥陀如来を中心に五体の仏像が岩に刻まれた磨崖仏で、国指定史跡と重要文化財になっている。


 
 
 2005年3月31日に大野郡5町2村(三重町、清川村、緒方町、朝地町、大野町、千歳村、犬飼町)が合併し、豊後大野市となった。






 

 石段を上がっていくと、覆堂が現れる。
   左から千手観音、薬師如来、阿弥陀如来、十一面観音、多聞天の順に並んでいます。

 高さは180cmから190cmで、丸彫りの仏像です。

仏身に着色された色彩が、なんともいえない味を出しています。

 
   (左) 千手観音


(右) 多聞天。
   仏世界の北方を守る神様

 Home  石仏Top  次へ