石仏に会いに・・ 宮迫西磨崖仏  

   
場 所 大分県豊後大野市緒方町久土知
 訪問日  2012年4月15日
 コメント 釈迦如来像を中心にして、右手には阿弥陀如来像、左手には薬師如来像が結跏趺坐しています。
なんとも言えないふくよかなお顔です。
写真のように、仏像には綺麗な彩色が残っています。

 
  ↑ 石段を上がっていくと、覆堂がある。







    道路脇の急な石段を上がっていく。


 
 
   岩窟内に、釈迦如来(像高143cm)を中心として、右に阿弥陀如来(像高140cm)、左に薬師如来(像高140cm)の三坐像を厚肉彫りしている。
三体とも肉身は代赭色で、着衣は朱と墨で彩色されている。

(国指定史跡・昭和9年1月22日指定)
   


 左端の薬師如来像。
    真ん中の「釈迦如来像」

 
 

 右側の「阿弥陀如来像」。
 Home  石仏Top  次へ