石仏に会いに・・ 羅漢寺  

   
場 所 大分県中津市本耶馬溪町跡田
 訪問日  2012年4月7日
 コメント  日本三大五百羅漢として有名な羅漢寺は、中津市の山中、奇岩織りなす景観の耶馬溪にある。

全国羅漢寺の総本山で、由緒ある寺です。

 
   ↑ 羅漢寺駐車場前の奇岩












   リフトには乗らず、参道を歩いていく。

仁王門が見えてきました。

両側に仁王像がいます。


 
 

← 左側にいる吽形です


・右側にいる阿形です →
   

 ↑ 山門



 ← この上に千体地蔵がある。







   

 五百羅漢の前を通って、本堂に行きます。

本堂の左からまっ暗いところを通って、本堂の二階に行き、庭園に行けます。
 

 本堂を降りると、小さな橋がある



石仏がたくさんありました。
 
   本堂の二階に上がった後、下に降りて出た所を左にいくと庭園に行くことができる。



庭園からの眺め。

   庭園から引き返し、五百羅漢に来ました。

「無漏窟」(むろくつ)です。この中に五百羅漢が安置されています。
   
   

 無漏窟の中には、中央に釈迦如来坐像(しゃかにょらいざぞう)が安置されています。

 両側にいろいろな顔の羅漢の石仏があります。


     
   
   


 山門の横には、千体地蔵があります。
   千体地蔵前から、山門を振り返る。


 羅漢寺が、岩にへばりつくように建っていることがよく分かる。
 

← リフト乗り場への道ですが、帰りも歩きました。(不動坂経由)
   


石仏がたくさんありました。
     
   

 老の坂(おいのさか)にも足を伸ばしました。





 (左下)羅漢寺の駐車場が見える。
   
 Home  石仏Top  次へ