石仏に会いに・・ 龍岩寺  

   
場 所 大分県宇佐市院内町大門
 訪問日  2012年4月5日
 コメント
746年(天平18)、行基が開基した曹洞宗の古刹。

境内にある奥の院礼堂は、崖にはりつくように建てられている。

堂内には、行基が一晩で刻んだという阿弥陀如来、薬師如来、不動明王の3体の仏像(国の重要文化財)が安置されている。

    
  ↑ 奥の院への道









   ← 奥の院(3体の仏像の頭だけが
   見えている 





 奥の院の内部
 格子の向こうに3体の仏像がある。
 
   
    ↑ 僧行基が一夜で彫ったと、言われて     いる白木の三尊像 







 「奥の院」そばの崖下に、お地蔵さんの
  レリーフがあった。









 





 Home  石仏Top  次へ