石仏に会いに・・ 東光寺五百羅漢  

   
場 所 大分県宇佐市江須賀1754
 訪問日  2012年4月2日
 コメント 東光寺は、「駅館川」(やっかんがわ)西岸の田園の中に建つ古刹。

15代の東光寺の住職が、1859 年から20年以上の歳月をかけて、521体の羅漢像を石工に彫らせたそうです。
羅漢像は一体一体表情が異なり、穏やかな顔、笑った顔、難しい顔など様々な表情をしています。

    
  ↑ 東光寺入り口。

   のどかな落ち着いた佇まい。







 

 
   ずらりと並んだ羅漢様は、壮観!
     一番てっぺんにあるお堂
   


 羅漢さん そばの石仏 (優しい微笑み)。







  ↓ お経が聞こえてきそうです。

 
     
     
     
   


   五百羅漢さん、それぞれに表情があり時間を忘れて見いってしまう。
 
 


 
十六羅漢さんもある。








   

  大勢の羅漢さんに見送られて・・
        ↓
 
 Home  石仏Top  次へ