石仏に会いに・・ 鷹栖(たかす)観音  

   
場 所 大分県宇佐市拝田
 訪問日  2012年4月3日
 コメント  鷹栖観音は、火の粉を撒き散らす火祭り「鷹栖観音鬼会」で有名。
鷹栖観音堂は、奈良時代の僧・法蓮が建立したといわれている。

懸造(かけづく)りという後背部を岩にもたせかけ、前面は柱で支えるといった建築様式で作られている。
現在の御堂は、江戸時代に再建されたものですが、安置される三体の木彫仏は平安時代のものです.


 
  奥の院に行くには、この鷹栖吊り橋(全
 長132.5m)を渡っていきます。






   ← 遙か上の方に見えるのが「観音堂
   奥の院」



 ↑ 奥の院から山田地区を望む



 

 ↑ 奥の院の内部
   (左)観音様の右にある菩薩さま





(右)観音様の左にある如来さま



   奥の院石段下には、沢山のお地蔵さん

水子地蔵だろうか。

 Home  石仏Top  次へ