石仏に会いに・・ 両子寺(ふたごじ)  

   
場 所 大分県国東市安岐町両子
 訪問日  2012年4月1日
 コメント  国東半島の中心部に位置する両子山(標高721m)の中腹にある天台宗別格本山。

養老2年(718)に仁聞菩薩が開き六郷満山の総持院として栄えた古刹.。

    
    両子寺の入り口









   
 
   ↑ 奥の院本殿
 
← 十六善神
   境内には、沢山の石仏がある。
   
 
 
     ←(左側)国東半島で最も古いと言われ
      ている仁王像
 

  仁王像の後ろに、木々に覆われ山門へと続く石段。
 仁王像は、文化11年(1814年)の作と伝えられており、石像仁王では国東半島最大です。


 
 Home  石仏Top  次へ