石仏に会いに・・ 応暦寺・堂の迫磨崖仏  

   
場 所 大分県豊後高田市大岩屋401
 訪問日  2012年3月31日
 コメント 応暦寺本堂の左横から奥の院に続く山道の岩壁にある磨崖仏。

細長い龕の中には、左から観音6体、六地蔵1体、施主夫婦像、倶生神(司録像)を半肉彫りにしている。
像の高さはいずれも50cm前後で、室町時代の作と推定されている。

 
    応暦寺の外観














                     ↑  応暦寺境内の石仏  →
 

 
   本堂横から参道を行くと、案内標識がある。

   崖の上、細長い龕の中に像高 50cm程度の六地蔵などを 16体半肉彫りしている。  







   

応暦寺境内の聖徳太子像
 Home  石仏Top  次へ