石仏に会いに・・ 鍋山磨崖仏  

   
場 所 大分県豊後高田市田染上野
 訪問日  2012年3月30日
 コメント  景勝地「三の宮の景」の近くにある。
岸壁の中ほどの覆屋の中に、不動明王・矜羯羅(こんがら)童子・制多迦(せいたか)童子 の三尊の磨崖仏がある。
制作年代は、鎌倉時代中期の頃と推定されている。

    
 
 県道34号の側の標識から、80段ほどの急な石段を上がったところの岸壁にある。
   解説の看板

 
   中尊の不動明王。

 脇侍の矜羯羅(こんがら)童子は、剥落している。










 Home  石仏Top  次へ