石仏・道祖神に会いに・・ 陶ヶ岳の磨崖仏  

 
場 所 山口県山口市鋳銭司
 訪問日  2014年4月19日
 コメント  
 山口市の南に、「火の山連山」と呼ばれる標高300mほどの低い山々がある。
その中のひとつ、陶ヶ岳(すえがだけ)の頂上付近は、巨岩が露出しており、岩壁に多くの磨崖仏が刻まれている。


 

(左) 県道側には、「陶ヶ岳登山口駐車
    場」の案内標識がある。



(右) 陶ヶ岳登山口駐車場

    駐車場の奥に、陶ヶ岳登山道の案内
    看板がある。
    「陶ヶ岳頂上まで、40分」の表示があ
    る。
   
← 陶ヶ岳観音堂跡地
  ここまで、30分弱。




 ↑ 「陶ヶ岳」「寝釈迦」の案内標識
 

  ↑ さらに10分ほど、ロープ伝いに登る。


← 陶ヶ岳頂上。素晴らしいパノラマ
 

  ↑ 頂上から少し下った所にテラス状の
    通路がある。



← 巨岩の上部に、十六羅漢磨崖仏




 
 
 ← 涅槃釈迦像
 
 ↑ 磨崖仏下部のテラスは、幅が余りない。

  
   恐る恐る下を覗いてみる。

   ここから落ちたら、100m以上はある。

   足がすくむ。


 Home  石仏Top  次へ