石仏・道祖神に会いに・・ 覚苑寺(かくおんじ)  

 
場 所 山口県下関市長府安養寺3-3-10
 訪問日  2014年4月25日
 コメント  
 下関市の古都、長府にある覚苑寺は、毛利長府藩三代目藩主、綱元が建てた黄檗宗の寺院。

覚苑寺の裏山、准胝山へ続く登山道は、西国三十三ヶ所観音石仏が安置されている。


 


  ↑ 覚苑寺の入り口。
     この付近の道路に駐車したが、もっ
     とよい場所があるかもしれない。


← 境内の説明板


 
 


  ↑ 境内、本堂前の32番観音
 (左) 本堂前に立つ、元禄時代の地蔵






(右) 浅草観世音




 

  ↑  1番   如意輪観音

    ↑   4番  千手観世音
 
    ↑  13番  二臂如意輪観世音

 ↑ 16番 楊柳十一面観世音・千手千眼

   ↑  17番  十一面観世音
 
   ↑  20番   千手観世音
 



←  ↑  摂津国 勝尾寺
      
       千手観世音





 



←  ↑ 頂上付近の「准胝観音」

      (昭和七年四月の銘)



      なお、登山道の観音像も全部、

      昭和初期の造立。
  
 















  ↓ 準堤山の山頂から長府の街を望む。

    瀬戸内海に浮かぶ満珠、干珠の二
    つの島も見える。

    (高い煙突は、火力発電所)
 
 ← 本堂前に戻ってきた。


   往復1時間ほどの観音めぐりでした。


 Home  石仏Top