石仏・道祖神に会いに・・ 三徳山三佛寺  

 
場 所 鳥取県東伯郡三朝町三徳1010
 訪問日  2015年5月1日
 コメント  

 石仏というよりは、断崖絶壁に建つ国宝の奥の院、投入堂が見たくて三徳山(みとくさん)三佛寺を訪ねました。

投入堂への道は、幅の狭い道やクサリを辿る道、すべりやすい場所など大分難儀しました。
だが、断崖に建つ建物をまじかに見ると、昔の人の厚い信仰心が感じられ、厳しい山道を辿ってきた甲斐がありました。
一見の価値ありです。



 

 ↑ 三佛寺の入り口



 ← 参拝者受付を過ぎると、すぐ輪光院が
   ある。


  ↓ 輪光院門前の聖観音

 
 
   ↑ 輪光院境内の石仏












 ← 薬師如来









  ↑ 投入堂の登山事務所

     ここで、服装と靴の点検を受ける。
     また一人のみでの登山は禁止で、
     他の参拝者チームに編入された。


     

← 文殊堂の下部




  ↑ 手すりも何もない文殊堂

    滑って落ちたら、命はない!怖い。
 


  ↑ 観音堂と元結掛堂


 




 ← 奥の院 投入堂(国宝)

   断崖絶壁に建っている。
  
   堂に近づくことは禁止されている。

   聞きしに勝る迫力!



 Home  石仏Top  次へ