石仏・道祖神に会いに・・ 倉吉市北部の石仏  

 
場 所 鳥取県倉吉市
 訪問日  2015年5月2日
 コメント  

 倉吉市は鳥取県中部に位置し、白壁土蔵の街として知られている。
倉吉市北部の、次の3か所を訪ねました。

 ・打吹山八十八ヶ所石仏
 ・不入岡(ふにおか)の石仏
 ・伯耆国分寺石仏



  ○ 打吹山八十八ヶ所石仏

    倉吉市仲ノ町


   倉吉白壁土蔵群観光案内所前の公営
   駐車場(無料)に駐車し、打吹公園に向
   かう。

 ← 駐車場前の幹線道路を西に、250mほ
   ど歩くと「打吹公園西入口」の標識があ
   る。

   ここを左折し歩いていくと、すぐに下写
   真のような参道入口があるので、右折
   する。


 

   ↑ ここを入っていく。


 ← 10分ほどで、八十八ヶ所石仏に着く。



 



 
        
        
 ← 八十八ヶ所石仏

        ↓

 
 

  ↑  長谷寺の山門



 ← 長谷寺境内の石仏


 

 ← 長谷寺境内の六地蔵
  ○ 不入岡(ふにおか)の石仏

    倉吉市不入岡





 ← 教育委員会の説明板









 

  ↑ 不入岡(ふにおか)の石仏入り口


 ← 不入岡集落の南、中世墓と推定される
    墳丘上に立つ不入岡の石仏。


 
 



 ← ↑ 不入岡(ふにおか)の石仏


    上像は、舟形光背をもつ阿弥陀如来
    坐像。下像は、合掌した僧形の仏像。

    像の両側に、「永和元乙卯年(1375)
    十一月□日」、「願主道意」の銘があ
    る。






  ○ 伯耆国分寺石仏

    倉吉市国分寺88
    (社小学校の前庭)




 ← 教育委員会の説明板







  



 

  ↑ 矢印の所に、伯耆国分寺石仏。


 ← 前庭の植込みに、5体の石仏。






 ← 左端の二体。




   5体の石仏は、制作年代、作者とも不
   明。また尊名も全く分かっていない。
   謎の石仏です。
   


 



   ↓  右側の3体

 
 Home  石仏Top  次へ