石仏・道祖神に会いに・・ 白井市の石仏  

 
場 所 千葉県白井市
 訪問日  2014年11月3日
 コメント  
 白井市(しろいし)は千葉県の北西部に位置し、明治以来、梨の栽培が、盛んなことで知られている。
 市北部地区、国道16号線沿線の石仏を訪ねました。

・鳥見神社の歓喜天
・鷲神社の石仏

 の2ヶ所です。




  ○ 鳥見神社の歓喜天

    白井市富塚694





← ↑ 鳥見神社の境内と鳥居

     鳥居をくぐると左側に、庚申塔が並
     んでいます。
 


  ↑ 歓喜天は、この祠の中です。


 



← ↑ 象の頭を持つ、歓喜天。

     男女二天が抱擁する双体像で男女
     和合、縁結び、子恵みの神様です。
     ちょっと特異な石仏です。






 
   ↓ 参道左側の庚申塔











←  六臂合掌の青面金剛像。

   造立 明和6年(1769)
 
 


  ↑ 鳥見神社本殿




 ← 超豪華な、本殿の造り。

 ← 本殿壁面には、二十四孝をモチーフに
   した彫刻がされています。

   北面、「郭巨(かくきょ)」の図柄。

   貧しい郭巨の家は、母と妻と3歳の子供
   の4人暮らしだった。母は孫を可愛がり
   自分の少ない食事を、孫に分け与えて
   いた。母の食事さえも足りないのに、そ
   れを孫に分けるのは無理だった。
   郭巨は、決心し妻に言う。
   「夫婦であれば、子供はまた授かるが、
   母親は二度と授からない。この児を埋
   めて母を養っていこう。」
   妻は悲嘆にくれたが、二人は3才の子を
   連れて埋めに行く。
   郭巨が、涙ながら地面を掘ると、黄金の
   釜が出てきた。
   天から、親孝行な郭巨への贈り物でし
   た。
   なんとも”ものすごい”お話です。
 


← 本殿壁面の西側羽目板、二十四孝の
   「唐夫人」の図。

   豊満な乳房にドキッとするが、そんなエ
   ロチックな話ではない。
   歯のない姑に乳を与えて、孝行している
   図です。

  ○ 鷲神社の石仏

    白井市木533




← 鳥居の右手にある石仏群



 ← 石段を上がった所にある社殿



 



← ↑ ショケラ持ちの青面金剛




 


← ↑ こちらも、鳥居右手の青面金剛


 



← ↑ 二十三夜供養塔

     造立 宝暦12年


   ※ 鷲神社には、木花開耶姫の石仏が
     がある筈だが、撮りそこなっている。




     
 Home  石仏Top  次へ