石仏・道祖神に会いに・・ 喜多院・五百羅漢  

 
場 所 埼玉県川越市小仙波町1-20-1
 訪問日  2013年11月16日
 コメント  
 あの五百羅漢で、有名な喜多院です。

喜多院は、徳川家康、秀忠、家光のブレーンであった天海僧正ゆかりのお寺。

見どころは天明2年(1782)から、半世紀かけて造立された石仏群です。
羅漢像だけでなく、釈迦三尊なども含めて、500体余の石仏が所狭しと鎮座しています。


    

  ↑ 喜多院の山門


   喜多院には駐車場がないので、近くの
  民間駐車場利用することとなる。
  駐車場代は、一回500円で、拝観料400
  円より高い。
    羅漢とは、阿羅漢とも書きインドのサン
 スクリット語『アルハン(arhan)』の音訳。

 「『修行を完成した尊敬すべき人」、「悟
 りを開いた修行者」と言う意味です。


    五百人の羅漢は、釈迦の死後、その教
 えを経典にまとめるための集会に集まっ
 た、500人の弟子の様子を表したもの。


 
   ← 遠くに、釈迦と脇待が見えます。

   
   ← 仏心の羅漢




   この羅漢さんは、羅怙羅(らごら)尊者
   と言って、お釈迦さんの息子です。

   修行によって悟りを得たことを示すため、
   胸の中にある如来の顔を見せている。
     ← 子供をあやす羅漢。



   多分、どちらかの羅漢さんが、この中で
   唯一の女の羅漢さんです。

   ← 辰(たつ)と、申(さる)の羅漢

   ちなみに、十二支全部の羅漢が揃って
   います。

   ← これは、お酌をしているのではありま
   せん。

   燈明の油をつぎ足しているのです。

   


  ↑ 按摩する羅漢
   ← ひそひそ話をする羅漢さん
   



←↑ この日は丁度、境内で菊花展が開
    催されていました。








 Home  石仏Top  次へ