石仏・道祖神に会いに・・ 瑞応寺の十三仏板碑  

 
場 所 佐賀県武雄市山内町大野
 訪問日  2014年5月15日
 コメント  
 瑞応寺(ずいおうじ)は、伊万里家利が1582年(天正10年)に建立した曹洞宗の寺です。

この瑞応寺境内には、天正14年(1586年)に、伊万里家利が建立したと推定されている十三仏板碑があります。




 


  ↑ 瑞応寺の山門



← 瑞応寺の十三仏板碑


   十三仏とは、人が亡くなって初七日から
  三十三回忌までの忌日を司るとされる、
  13の仏の総称です。
  室町時代に始まったもので、それぞれの
  忌日には十三仏に、死者の追善供養の
  成就が祈願される。
  
  ① 初七日 不動明王
  ② 二七日 釈迦如来
  ③ 三七日 文殊菩薩
  ④ 四七日 普賢菩薩
  ⑤ 五七日 地蔵菩薩
  ⑥ 六七日 弥勒菩薩
  ⑦ 七七日 薬師如来
  ⑧ 百カ日 観世音菩薩
  ⑨ 一周忌 勢至菩薩
  ⑩ 三回忌 阿弥陀如来
  ⑪ 七回忌 阿 閦如来
  ⑫ 十三回忌 大日如来
  ⑬ 三十三回忌 虚空蔵菩薩




 

 



← ↑ 石造十三仏板碑

     造立 天正14年(1586)



 Home  石仏Top  次へ