石仏・道祖神に会いに・・ 今山磨崖仏  

 
場 所 大分県豊後大野市緒方町大化
 訪問日  2014年5月18日
 コメント  
 今山磨崖仏は、「大化切小野谷磨崖仏」とも言われるらしい。
いずれも、ここの地名からきている。
胸には垂れた両乳房が刻まれている、珍しい磨崖仏です。

左の地図には、「今山磨崖仏駐車場」とマーカーしていますが、下写真の鳥居前広場です。



 


 ↑ 鳥居前から400m程降りていくと、左写
    真の今山磨崖仏がある。




 



← ↑ 今山磨崖仏

     
     大きな一枚岩の前面に、華頭形の仏
     がんを彫り窪め、右手に剣、左手に
     索を持って直立する不動明王が浮
     彫りされている。
     胸の部分には、乳房が彫刻されて
     おり、非常に珍しい姿です。

     室町時代

     高さ 2.6m





 ← 不動明王前の石仏です。



 
 Home  石仏Top  次へ