石仏・道祖神に会いに・・ 払川の石仏  

 
場 所 大分県臼杵市中尾
 訪問日  2014年5月19日
 コメント  
 国宝の臼杵石仏から、山一つ下った所に、「払川」という集落があります。 
払川地区にある慈航庵(じこうあん・通称観音堂)の境内に、50体余の石仏がある。

境内北側の急斜面や、その斜面にうがった洞窟には、10体ほどの磨崖仏が彫られています。
お堂や境内の石仏に目を奪われ、磨崖仏は十分撮影できていない。

 

  ↑ 慈航庵跡ヘ行く石段



← 慈航庵跡の入り口付近


 ← 境内の説明板

 
 ← 中央に、阿弥陀如来像が見える。
   
    高さ 164cm
 
 ← ↑  堂内の石仏たち
 



←↑ 釈迦如来像、獅子の背に乗った文殊
    菩薩像
 



←↑ 如意輪観音でしょうか


 Home  石仏Top  次へ