石仏・道祖神に会いに・・ 御橋観音寺  

 
場 所 長崎県佐世保市吉井町直谷94
 訪問日  2014年5月7日
 コメント  
 吉井町の中心部から東1km程行った牧の岳の中腹にある。
 境内の奥にかかる天然の石橋は、平戸八景の一つで、天下の奇勝といわれている。
一番の目的はこの橋でしたが、境内のあっちこっちに石仏が沢山ありました。



 

  ↑ 牧の岳自然公園ビジターセンター

    ビジターセンターは閉鎖され、誰も
    いませんでした。(ここに駐車)

← 御橋観音寺

   駐車場からは、200mほど。




 ← 御橋観音寺の境内


   不動明王と弘法大師像









  ↓ 境内手前の石仏たち

 
 ←  境内奥、天然の石橋に向かう。


    木々の梢、ずっと上のほうに、微か
    に石橋が見える。




 
 
  ↑ 天下の奇勝、二条の大橋を真下か
    ら見上げる。

    石橋は高さ18m、長さ30m、幅5m、
    厚さ2.5mと、2.8mの二条の大橋で、
    1.2m間隔で平行する第3紀砂岩より
    なる長大なもの。







← 石橋の下には、沢山の石仏が点在して
   いる。








 
 
 ← ↑ 天然の石橋下に祀られている石仏

     たち。

 ← 石橋より、境内を望む。



 Home  石仏Top  次へ