石仏・道祖神に会いに・・ 雲巌禅寺の五百羅漢  

 
場 所 熊本県熊本市西区松尾町平山
589
 訪問日  2014年5月17日
 コメント  
 雲巌禅寺は、金峰山(きんぽうざん)の西麓にあり、南北朝時代に建立された。
その一角の岩肌には、五百羅漢といわれる、数多くの羅漢像がある。
境内奥にある洞窟は、霊巌洞といわれ晩年の宮本武蔵がこもって、有名な「五輪書」を著したといわれている。

 


  ↑ 雲巌禅寺の駐車場


← 雲巌禅寺入り口の仁王像




 ← 雲巌禅寺の説明板

 ← 入り口の仁王石像


   細川5代藩主、綱利の寄進



 
 
 
 
 ←↑ 五百羅漢

    熊本の商人、渕田屋儀平の願いに
    より安永8年(1779年)から享和2年
    (1802年)まで、24年間もかけて奉納
    された。
    永年の風雨による風化、明治初期の
    廃仏毀釈、1889年の大地震の破損等
    で、完全なものは半数以下に減って
    いる。
 


← 左手に水瓶をさげた観音像




  ↑ 宝珠を持つ観音像

 







← 禅定印を結ぶ釈迦如来


 



← 霊巌洞内部と、岩戸観音の祠


 Home  石仏Top  次へ