石仏・道祖神に会いに・・ 阿蘇の放牛石仏  

 
場 所 熊本県阿蘇郡南阿蘇村摺尾
 訪問日  2014年5月17日
 コメント  
 「放牛石仏」とは、江戸時代に、放牛(ほうぎゅう)という僧が、熊本市を中心に玉名、菊池、阿蘇、益城などの寺の境内や、街角に立てた石仏です。
その多くがお地蔵様なので、「放牛地蔵」ともいわれます。

 放牛石仏の光背には、「他力 熊本 放牛」と刻まれ、多くのものに何体目の建立に当たるかという番号が、刻まれています。




 


← ↑ 道路脇の小さな小屋に祀られている
     35体目の放牛石仏。

     阿蘇で、唯一の放牛石仏です。



    
 


   石仏の光背には、「他力 熊本 放牛」
  の文字が刻まれ、裏側には「三十五体目
  」の文字が見えます。
  また光背には、「たてまつる 蓮の上の露
  一と掬い(つゆひとすくい) 三世の佛に」
  という 道歌が刻まれています。

  道歌:仏教の教えや親孝行の勧めなどを
      歌ったもの
 Home  石仏Top  次へ