石仏・道祖神に会いに・・ 桐生市新里の石神仏  

 
場 所 群馬県桐生市新里町
 訪問日  2015年8月13日
 コメント  

 群馬県の東部に位置する桐生市は、古くから織物の町として発展してきました。桐生織は、京都・西陣の西陣織と並び称された。
桐生市西部、新里エリアの石神仏を巡りました。

 ・関の磨崖仏
 ・瀧興寺の虚空蔵菩薩
 ・山上塚越の道祖神

 の3ヶ所を訪ねました。



  ○ 関の磨崖仏 

    桐生市新里町字関67-1




  ↑ 鏑木川にかかる不動橋の袂のお堂


 
 ← 高さ128cm、幅80cm、奥行き約80cm
   に彫り窪められている。
   そのなかに阿弥陀如来を中尊に三尊
   像が半肉彫りされているが、脇侍はほ
   とんど剥落している。

   造立は、鎌倉時代頃と推定されている。
  ← 現地の説明板


 ← 中央の阿弥陀如来像
  ○ 瀧興寺の虚空蔵菩薩

    桐生市新里町関463-1




 ← ↑ 瀧興寺の境内と山門
 



 ← ↑ 瀧興寺の虚空蔵菩薩

      建立 安永5年(1776)



 



 ← ↑ 如意輪観音像でしょうか

      安永2年(1773)

      「善女人講中」の銘。

  ○ 山上塚越の道祖神
 
   桐生市新里町山上字中田1093




 ← ↑ 塚越古墳のすぐ南にある道祖神

 





 ← 山上塚越の道祖神

   建立 元文2年(1737)


 Home  石仏Top  次へ