石仏・道祖神に会いに・・ 岩観音  

 
場 所 群馬県利根郡川場村谷地
 訪問日  2013年10月29日
 コメント  
 高さ20メートル余の岩肌に刻まれた観音像で群馬県を代表する磨崖仏です。
やわらかい凝灰岩質の安山岩、を長方形にけずり、その中に円光を背にした観音立像が、2、3体ずつ刻まれ、全部で17体ほどある。


    ← 教育委員会の説明文


   


←  この石段を上がると、上写真のお堂
   があり、その後方の岩の高いところに
   観音さまが彫られている。

   



  ↓ 岩観音が眺めている景色
 
   ← 岩観音は、相当高い場所にある。

   岩の下には、獣よけの電気柵があり、

   磨崖仏には近づけない。


 
   ← 望遠レンズで撮った観音さま

         ↓
 




←  この磨崖仏は、信州石工が彫った
    もの。
    石質のせいか、摩耗が進んでいる。
   
     宝永8年 造立。







  ↓ こちらは、お堂のそばの石仏

   
 Home  石仏Top