石仏・道祖神に会いに・・ 塩沢の道祖神  

 
場 所 群馬県多野郡神流町塩沢20
 訪問日  2015年7月14日
 コメント  

 神流町(かんなまち)は、群馬県南西部に位置する人口2400人の町です。
2003年に万場町と中里村が合併し、誕生した。町名は、かつての2つの町村を貫いて流れる神流川に因んでいる。
日本で最初に、恐竜の足跡の化石が発見されたことで有名です。
旧万場町に、双体道祖神を訪ねました。



 

  ↑ 矢印の所を、50mほど降りると道祖神
    がある。
    老人ホーム(グーグル地図では、みか
    ぼ館)から100mほど上がった所に駐
    車し、上矢印を下る。


 ← 塩沢道祖神


   



 ← ↑ 塩沢道祖神(明治25年作)


     東塩沢旧道に建っているが、今は通
     る人もなく荒れ放題です。




      
 Home  石仏Top  次へ