石仏・道祖神に会いに・・ 日和田高原の石仏①  

場 所 岐阜県高山市高根町
 訪問日  2013年9月3日~4日
 コメント  
日和田高原は、御嶽山の岐阜県側の麓に広がる高原です。
県境を越えて長野県入りすれば、そこは御嶽山の長野県側の麓に広がる開田高原です。
高根町日和田地区には、農地や小道のに石仏が佇んでいます。

日和田高原の石仏を、3回に分けてご紹介します。

 第1回は「日和田」地区です。

 ・一位森八幡神社
 ・旧原家の石仏
 ・牧の祭場
 ・イチイの古木

 の4ヶ所です。
    ← 一位森八幡神社


   石段を上がって、本殿右奥に石仏が
   ある。
   


 ↑ 本殿右奥に、石造物が並んでいる。
 
 

 ← 左から、普覚行者
        金比羅・愛宕・秋葉の三神
        天照皇大神像
        御嶽大神
        覚明行者


   


←  ↑ 普覚行者の像
   

 


←  ↑  天照皇大神像

   


←  ↑  覚明行者の像。

   ← 旧原家跡の石仏群

   石仏が行儀良く並んでいます。


   原家は、大馬親方(馬大尽)で、全盛期
   (明治34年)には木曽馬が千頭もいた
   という。
   大地主で、日和田から木曽福島まで、
   38kmを他人の土地を踏まずに行けた
   とか。
 
   今は昔の栄華を知るよしもなく、荒れ
   果てている。

 



 ← 馬にまたがった石仏











 ↓ 原家の裏庭から、石仏を望む。


 
   

← ↓ 原家跡の石垣に、並ぶ石仏たち
   
   


← ↑ 原家跡、石垣上の石仏


     騎座金剛界大日如来
   ← 「牧の祭場」の石仏群



   


← ↑ 秋葉大神。

     狐に乗り火焔光を負って双翼を背
     に、宝剣と索を持っている。
     明治期の造立

   



← 右端の石仏

   不動明王だろうか。
   ← イチイの古木



   幹の根元に石仏2体が祀られている。


   


← ↑ 根元の石仏と、説明看板。

 Home  石仏Top  次へ