石仏・道祖神に会いに・・ 松本市の道祖神②里山辺  

 
場 所 長野県松本市里山辺
 訪問日  2013年9月12日~13日
 コメント  
 松本市里山辺、兎川寺周辺の道祖神をご紹介します。

 ・矢崎
 ・追倉(おっくら)
 ・荒町
 ・美ヶ原温泉・辻堂

 の4ヶ所です。



 ← 矢崎道祖神

  ← 矢崎道祖神

   制作年代なし
← 追倉(おっくら)の道祖神と庚申塔


   大きな藁綱が巻き付けてあるが、こ
  れは、追倉の「お八日の綱引き」に使
  ったもののようです。

  2月8日、地区の人たちが集まり、藁で
  龍を造り、藁綱を数珠に見立てて念仏
  を唱え、龍を綱代わりにして男と女に
  分かれて綱引きをします。
  この綱引きは必ず女性が勝ち、その
  年の無病息災が約束されるとのこと。

  綱引きが終わると、このように道祖神
  と庚申塔にぐるぐる巻きつけます。


 
 

← 追倉(おっくら)の道祖神
   
   (明治33年)
 ← 荒町の道祖神

  ← 荒町の道祖神


   年代不明
  ← 荒町の道祖神


   衣冠束帯と十二単衣の正装姿

←  美ヶ原温泉・辻堂の道祖神


   「辻堂」バス停前にあります。
 ←  美ヶ原温泉・辻堂の道祖神


   右の石碑には、「南無青面金剛」と
   彫られています。
 ← 道祖神の拡大

   相当、風化しています。
 Home  石仏Top  次へ