石仏・道祖神に会いに・・ 朝日村の道祖神①  

 
場 所 長野県東筑摩郡朝日村
 訪問日  2013年9月9日
 コメント  
 朝日村は、長野県のほぼ中央に位置し、北・西は松本市、東は塩尻市、西は木曽と境を接している。
 朝日村には、31体の道祖神があると言うことですが、中には風化して判別できないものもあります。
朝日村の道祖神を5回に分けて、ご紹介します。

 第1回は、古見地区と小野沢地区です。

 ・下古見(1)
 ・古見・一新学校跡の石仏
 ・小野沢本郷(19)
 ・小野沢・不動

 の4ヶ所です。

 ※括弧内数字は、朝日村HP内の番号です。
 なお、マウスポインタを地図のマーカーにかざすと、名称がポップアップします。

 ← 下古見の抱肩握手像(1)

   場所 下古見村尻

   風化が激しく、石仏撮影は諦めた。




 ← 村史跡 一新学校跡


   石仏群

 

 


←  不動明王だろうか
←  小野沢本郷(19)
 ← 本郷の抱肩握手像(19)
←  小野沢・不動


   道祖神・文字碑の隣に祠がある。


 



← 祠の中に、彩色された不動尊像。


 
 Home  石仏Top  次へ