石仏・道祖神に会いに・・ 室生犀星文学碑そばの俑人像  

 
場 所 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢
 訪問日  2013年9月28日
 コメント  
 「性に目覚める頃」、「あにいもうと」、「杏っ子」などの小説で、よく知られている室生犀星。

室生犀星の作品は、青年時代に読んだと思うが、今は全然覚えていない。
軽井沢の町外れに、文学碑と俑人像があるので、興味が湧き行ってみた。



 ← 矢ヶ崎川のほとりに、詩碑の案内標識

   が立っている。

   さんざん探し回って、やっと見つけた。

   車は、近くの公衆トイレの駐車場に置
   いてきた。

 ← 観光地の喧噪から離れた矢ヶ崎川の
   ほとりに、石の俑人像が二体佇む。

   犀星が旧満州国旅行の際に買い求め
   たもので、石像の下には犀星夫妻の
   遺骨が、生地金沢から分骨されて納め
   られている。

 















  ↓ 永久の眠りについている室生犀星
     ご夫妻。
     合掌。

 
 Home  石仏Top  次へ