石仏に会いに・・ 廃少菩提寺・三体地蔵・閻魔像  

   
場 所 滋賀県湖南市菩提寺
 訪問日  2013年4月21日
 コメント  
 少菩提寺の創建は、天平3年(731)、興福寺の別院として良弁和尚により、開かれたのが始まりとされている。
旧境内には石造多宝塔、地蔵尊像、閻魔像が残り、大正15年に国指定史跡となっている。

下地図には、

①廃少菩提寺駐車場
②菩提寺三体地蔵
③菩提寺閻魔大王

の3地点をマークした。

 
 

 ↑ 廃少菩提寺の駐車場


   三体地蔵は、すぐ近くにある。


 
 
 ← 甲西町の説明板


   甲西町は、かつて滋賀県甲賀郡に存
   在した町。
   2004年10月に、同郡の石部町と合併
   して湖南市となった。
 


 ←  中央の地蔵石仏が古く、鎌倉時代後
   期の作。

   両脇の地蔵は、室町時代初期の作





 ↓ 左写真の拡大(配置通り)
 
  ← 三体地蔵から50mほど奥に、閻魔大王
  像があります。




←  将棋の駒形の石に、閻魔大王を中
   心に、阿弥陀如来、地蔵と僧形の計
   5体を刻んでいる。

   ← 上写真の上部
  ← 閻魔石像の下部 




 ↑ 閻魔石像の全景
 Home  石仏Top  次へ