石仏・道祖神に会いに・・ 石槌山毘沙門天磨崖仏  

 
場 所 岡山県倉敷市真備町尾崎
 訪問日  2013年3月31日
 コメント  
 ”備中の山の中に、隠れた磨崖仏がある”。

「くらしき百景」に選定されている「石槌山毘沙門天磨崖仏」は、標高130mの石槌山の山頂にある。

大岩に刻まれた毘沙門天立像は、邪鬼を踏みつけ、眼光鋭く睨んでいる。
ベンガラの朱の色が残る、豪快な姿に圧倒される。



     
(左) この辺りの、道の広いところに駐車。



(右) 写真中央の小径を入っていく。
   小さな案内標識と、磨崖仏の資料が置
   かれている。
   上地図の「磨崖仏登り口」の位置です。
   「都山流尺八研究所」の小さい看板の
   ある民家の手前を、右に入る。
 ← 登り口から10分ほどで、磨崖仏に着く。

   途中には、案内標識もあります。


 


  ↑ 踏みつけられた邪鬼



← 毘沙門天立像


  高さ3.9m、横3.7m、奥行2.9mの巨岩

  の南面に、彫られている。(像高1.8m)




 ← 眼光鋭く睨んでいる!





   備中の毘沙門天磨崖仏の中では白眉
   の作といえる。


 
 Home  石仏Top  次へ