石仏に会いに・・ あたやの石仏  

   
場 所 奈良市柳生下町
 訪問日  2013年5月16日
 コメント
 柳生の中心地から県道4号線を、笠置方面に行くと、道路の右側に看板が見える。

コンクリートの小さな橋を渡った所にある。

 鎌倉から室町にかけての磨崖仏で、流行病に霊験あらたかな阿弥陀如来像と地蔵菩薩像の2体からなる。

 
 

 ↑ 県道4号線沿いにある。


   県道の脇に駐車し、コンクリートの橋
   を渡ればすぐある。





   




  ↑ 説明看板




← 間近で見ると、迫力あります。




 
   
(左) 地蔵菩薩磨崖仏

    (室町時代の追刻
、像高69.7cm)




(中) 阿弥陀磨崖仏

   (墨と黄土等で、彩色されている)


 Home  石仏Top