石仏に会いに・・ 称名寺(しょうみょうじ)  

   
場 所 奈良市菖蒲池町7
 訪問日  2013年5月13日
 コメント
 近鉄奈良駅のすぐ近く、住宅街の中に、称名寺がある。

茶道の開祖、村田珠光ゆかりの寺としてよく知られている。

本堂の右手には、室町期の無縁仏、約2000体が隙間なく祀られている。
また、無縁仏のほか、地蔵菩薩石像など多くの石仏がある。


 
 

 ↑ 称名寺の山門



   ← 境内墓地へ続く、参道そばの覆い屋
   
   向かって右から阿弥陀立像、続いて
   地蔵立像が三体。

 
   


← ↑ 境内の墓地

   ←↓ トップ写真、お堂内部の石仏






 ↑ 焼け出された石仏だろうか、ひどく痛
   んでいる。


← 阿弥陀三尊

 
   ← 墓地中央にある地蔵石仏
 Home  石仏Top  次へ