石仏に会いに・・ 室生寺  

   
場 所 奈良県宇陀市室生
 訪問日  2013年4月29日
 コメント
「女人高野」と,石楠花の花で有名な、室生寺境内の「軍茶利明王」(ぐんだりみょうおう)を見に行きました。




    
 ↑ 朱塗りの太鼓橋を渡ると、表門がある。







   



←  満開の石楠花と、仁王門


  
   ← 鎧坂の石段を登りきったところにある
   金堂(こんどう。)国宝。

   堂内には多数の、国宝、重文の仏像
   が安置されている。(撮影禁止)
   
← 金堂前庭の右手、天神社拝殿脇の岩
  に彫られた明王像が見える。
   


← ↑ 軍茶利明王


   軍茶利明王は、一般に腕は8本で、手
   足に蛇が巻き付いている。

   像高約1m、異様な姿ですが、何となく
   ユーモラスな感じもします。

   作製は、江戸時代(享保12年)1841





 ↓ 奥の院への参道に、地蔵が並んで
   いる。
 
 
 
 
   ← 国宝 五重塔
   










 ↓ 奥の院への参道には杉の巨木が
   林立している。
 
   ← 奥の院 位牌堂
   


 奥の院からの帰り、地蔵を見つけました。
 Home  石仏Top  次へ